青汁の種類と効能についての紹介

青汁の種類と効能についての紹介

青汁の種類と効能についての紹介

少し前まで青汁といえば「ケール」でした。ケールは野菜の王様と呼ばれるほど栄養価の高い食材です。これを使って作った青汁は高い栄養を取れることで、有名だったのです。ただケールの青汁といえば難点は「味」です。味のまずさに関しては、どうやってもフォローできません。飲んだ後の臭みはなかなか取れなくて、続けられない人が続出していました。だから青汁はなかなか一般に普及しなったのです。

 

しかし現在はどうでしょうか。青汁を飲んでいるという家庭は昔と比べると随分増えたと思いませんか。それは青汁が時代とともに少しずつ変わってきたからです。昔はまずくて飲む人を選んだ青汁がどんどん改良されて、おいしくなってきたのです。一番のおいしい理由は主原料にケールがあまり使われなくなってきたことが大きいでしょう。最近の青汁の主原料は「大麦若葉」が増えています。大麦若葉はケールに負けず劣らずに栄養価が高いです。そのため、ケールの代わりに使われるようになりました。ケールよりも栄養分が勝るとは言いませんが、ケールよりも苦味が少なくて、とっても飲みやすい青汁になります。この飲みやすさから青汁は一般家庭にも普及しつつあるのです。

 

ほかにもケールの代わりに主原料になっている野菜はたくさんあります。大麦若葉に次いでよく使われているものが「明日葉」です。明日葉はこれまた飲みやすく、デトックス効果が高く、むくみ対策に良い野菜です。最近は大麦若葉や明日葉などを主原料にした飲みやすい青汁が流行しているのです。これまでは青汁にまずいイメージを抱いていた方も、この大麦若葉や明日葉の青汁を飲めば、イメージが180度くらい変わります。特有の味はしますが、苦み臭みが大分なくなるので本当に飲みやすいです。ぜひ飲んでみるべきでしょう。

 

ケールの青汁の特徴は抗酸化作用が含まれているので、美容に特化しています。アンチエイジング効果が高く、老化予防を一番に考える人には向いています。味を気にしないならケールの青汁を飲みましょう。大麦若葉の特徴は栄養のバランスがよく、様々な栄養素を補給できます。そしてとっても飲みやすいので持続して続けやすいと思います。飲みやすさ重視なら大麦若葉の青汁がオススメです。明日葉の特徴はカロテンという成分が含まれていて、これが胃の働きを良くしてくれます。こちらも大麦若葉に次いで飲みやすいのでオススメです。

 

どの青汁にも様々な栄養素があり、それぞれに良い効能を持っています。いろんな青汁を見比べてみて、自分に合ったものを選択しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ